即禁煙!タバコによる妊婦と産婦人科での有害性

男性・女性ともにタバコを吸われている方がいらっしゃると思います。多少は吸っても…と思うかもしれませんが妊娠が判明したら即禁煙する必要があります。なぜダメなのかを記載します。

タバコの何がダメなのか

有害性について様々な事が言われ喫煙者の肩身はどんどん狭くなっていっています。健康に悪いやら、副流煙は特に害悪であるなど様々なデメリットが言われています。色々とあやふやな部分もありますが妊娠時に悪影響を及ぼす確かな事実があります。

それは『ニコチンが血管を収縮させる』ということ。

まず母体そのものの血液の循環が損なわれます。胎児は小さな小さな血管なのでタバコによる危険性が想像できると思います。

タバコの有害性は壁・衣服・体内に定着する

タバコの煙は壁や衣服に定着して長時間悪い影響を放ち続けます。また体内も同様で、吸った後1時間〜2時間ほどは口から放たれます。旦那さんが家の外で吸ってくる…というのも本来ダメな行為です。

妊婦に近づく機会が増えるため“周囲に迷惑がかかる”

家庭内だけの問題でとどまれば良いですが産婦人科に通う過程で必ず他の妊婦さんの近づくことになります。衣服や口内に残ったタバコが他の妊婦さんへ影響することになります。

何よりも「嗅覚が鋭くなった妊婦さん」にとってタバコの残り香はとても不快なものです。つわりを促進させたり体調を崩す場合もあります。

タバコを吸う旦那さんは産婦人科へついて行かないで下さい。

電子タバコやニコチンガムはどうなの?

ニコチンが入った電子タバコとして日本で主流なのは「アイコス」「グロー」「プルームテック」があります。そのうち「アイコス」「グロー」はタバコ同様に不快な臭いを発生させます。吸い終わった後のフィルターを見ればわかりますがタバコ同様に多少のタールも出ています。
「プルームテック」は無臭(若干甘い臭い。グリセリンのもの)なので臭いによる影響は少ないです。

臭いをクリアしてもそもそも『ニコチンに血管の収縮作用がある』ため、結局はタバコと同じく胎児に悪い影響を及ぼします。

つまりニコチンガムも噛むべきではないということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする