妊娠1ヶ月:0〜3週『妊娠周期の数え初め』『奥さんの身体と精神に変化』

0〜3週は正直いって妊娠しているのかわかりません。この段階では妊娠検査薬で反応は出ませんし、産婦人科に通っても妊娠しているかどうかはわからないようです(3週目後半なら胎嚢は確認できるかもしれませんが…)。

それでも妊娠の数え方としては妊娠1ヶ月とカウントされ、すでに周期が始まっています。この初期の段階で母体では何が行われているのか、そして奥さんの身体や精神状態の変化をいくつかお伝えしたいと思います。

ちなみに、この記事を書いている頃にはすでに妊娠が確定していて約5周期の段階まで進んでいます。エコー写真で胎嚢が確認していますが、それはまた次回。
※◯周期や◯週と記事内で混在している場合がありますが、どちらも最終月経日から数えた週の数です。

妊娠1ヶ月。その数え方

数字のカウントとしては妊娠0週0日から始まりますが、妊娠0ヶ月とは言いません。奥さんの一番最後の生理(以下 月経)が始まった日を『妊娠0週0日』としてカウントを始め、月の数え方は『妊娠1ヶ月目』となっています。

また、カレンダーの暦は無視されて1ヶ月を28日で数えます。1週は0〜6日カウントで計7日。ひと月は4週なので1ヶ月は28日間となります。出産まで280日なので月の数え方は10ヶ月(28日×10)となります。
実際はカレンダー暦で数えると約9ヶ月。ですので最終月経の日付から-3ヶ月(85日)引くとパッと目算で出産予定の年月がわかります。

妊娠周期の数え例

妊娠周期 妊娠ヶ月 カレンダー暦の例
0週0日 1ヶ月 最終月経の1日目である1月1日
0週1日 1月2日
0週2日 1月3日
0週3日 1月4日
0週4日 1月5日
0週5日 1月6日
0週6日 1月7日
1週0日 1月8日
3週0日 1月22日
3週1日 1月23日
3週2日 1月24日
3週3日 1月25日
3週4日 1月26日
3週5日 1月27日
3週6日 1月28日
4週0日 2ヶ月 1月29日
8週0日 3ヶ月 2月26日

この様に月に4週で28日しかないので、カレンダー歴とは少しづつズレていきます。

妊娠のタイミング

月経が始まって2週間ほど経つと排卵日になり、母体が妊娠できる状態になります。その間に卵子と精子がうまく受精し、受精卵になって子宮に降りて着床すれば妊娠となるようです。とてもスムーズに着床までいくなら、月経終了後7〜10日でご懐妊ということになります。

実際は次の月経が始まらない時に気づくことが多いようですが、我が家の場合は狙って妊活をしていたのでかなり早い段階で気づきました。妊娠検査薬を使ったのは4週を過ぎた頃くらいだと思います。この時期に関しては次の記事で記載したいと思います。

奥さんの身体と精神に変化

0〜3週は月経の時期も含まれるので、次の月経が始まる手前までのほんの少しの期間です。普通はこの段階で妊娠に気づくのは難しいようですね。ただ、それは意図しない妊娠の場合だと思います。我が家のように妊活をしていたのであれば「これまでとちょっと違う気が…」と、何かしらのシグナルを感じることができるかもしれません。

0〜1週は全くわかりませんでしたが、2〜3週はもしかしたら…というような症状などが確認できました。

身体の変化

  • 体温の上昇
  • 匂いを気にし始める
  • 食べ物の選り好み
  • 睡眠の増加
  • 胸の痛みと肥大化

主に上記4項目に関して微量ながらいつもと違う変化が見られました。特に『胸の痛み』は大変辛かったようでかなり痛がっていました。触った感じでも『張っている』『確実に大きくなっている』ことがわかります。お乳を出すために胸を作り変えているのでしょうか。

体温に関しては通常時というより、睡眠時に少し高くなった気がします。もともと睡眠時には体温が高いほうだと思っていましたが熱く感じるほどまでになっています。

匂いに関しては『こんな匂いだっけ?』といったふうに違和感を感じる程度です。食べ物に関しては食欲が下がって食べやすいものを選ぶ傾向になっていたと思います。雨の多い梅雨の時期だったのも多少影響があったと思います。匂いと食欲は極端に変化しているわけではありませんでした。

気だるい気分が影響してか、長時間眠るというより一日に何度か寝てしまうようになっていました。

妊娠が確定している今だからこそ、この時は受精・母乳のためのおっぱい作りのために大量のエネルギーを消費し始めていたのかな?と思い返しています。

精神に変化。とにかく不安

頻繁に『不安』そうにしていました。妊活をしていた事もあるので妊娠したいという期待があるからこそ、妊娠できるのだろうかという不安が大きかったと思います。身体の変化で胸が張ってきた事が、口には出していませんが妊娠した可能性があるのでは無いかという気持ちもあったと思います。もし妊娠していたら「上手く子宮内に着床してくれるだろうか」など先のことを考えもしていたでしょう。

この時期は妊娠検査薬を使用しても反応が出ないので答えの出ない不安に振り回されていたようです。こればかりは不安を解消するすべは無いので次の月経の予定日まで待つことしか出来ません。息抜きに散歩へ行く回数が増えていました。

月経の予定日を過ぎ、妊娠検査薬を使用して陽性反応(懐妊)が出ても不安は拭えなかったようです。産婦人科に行き妊娠の不安が解消されましたが、次の新たな不安が出てくることになります。それはまた次の周期記事に記載したいと思います。

性格は特に変わりなく

多少メンタルが弱くなってはいたものの怒りっぽくなるなど接しにくくなるような事はありませんでした。よく怒りっぽくなることは聞きますが、変わらない人もいる話を聞くので人によって違いが出てきそうです。

我が家の場合はどうなるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする