【簡単】MacBook Air 13inch Mid 2013のバッテリーが死んだので載せ替えた、方法も記載

2013年から酷使しているマイAirちゃん。

Photoshop、イラストレーター、仮想サーバー、仮想WINの同時起動をずっと行ってきたので

相当酷使していると思います。

先日ついにバッテリーマークに!マークが出現し、

ある時すっかり起動しなくなりました。

症状としてはバッテリーケーブルを挿していても充電されない状態です。

丸一日充電していれば10秒くらい起動できたのですが、

激重で使い物になりません。

1ヶ月前くらいから動作が重いなー…と感じていましたが

バッテリーが原因だったのですね。

バッテリーを載せ替えた今は快適に動いています。

新型に乗り換えるか悩んだのですが

ぶっちゃけ性能自体は何も進化していないので

2013年産でもぜんぜん使えるんですよね。

PC業界が停滞しているので今は買い替えの時期じゃない。

そう考えて数年、まだまだいけます。

レクタングル(大)




バッテリーを載せ替える方法は2パターン

  1. Appleストアに頼む(12,800 円)
  2. 通販で買って自分で載せ替え(8,400円)

バッテリー交換はそれほどお金がかかりません。

Appleストアに頼んでも12,800 円なので、不安な方は頼んだ方がいいと思います。

僕は持って行ったり郵送されたりするのが不安で面倒だし、

なにより時間がかかるので自分で載せ替えることにしました。

へんなバルク品は買わないように!

Amazonで確認していますが、非正規のバッテリーが格安で売っています。

非常に加熱して危ないですし、

なによりバッテリー自体がすぐ死ぬそうです。

純正を通販で買う!

ぶっちゃけ本当に純正なのかわかりませんが、楽天で通販で購入可能です。

買ってみてチェックしたところ、

純正っぽい感じはしますが7150mAhから6700mAhへと容量がちょっと減っていました。

バッテリーを買う場合は、対応する方式に注意

MacBookはインチ数や製造年月でバッテリーの種類が変わってきます。

ご自身の製造年月にあったものを購入しないとゴミになるので注意してください。

調べる方法は

リンゴマーク>このMacについて>シリアルコードをコピー

https://checkcoverage.apple.com/jp/ja/」へアクセスしてシリアルコードを入力し、

インチ数と製造年月を調べられます。

inchがインチ、Midが製造年です。

バッテリーの載せ替え方

ドライバーはだいたいバッテリーに付属されていると思います。

上記で紹介しているバッテリーならドライバーが2本入っていたので何もいりませんでした。

最大の注意

電源は切っておきましょう。

そして、基本的なことですが該当部分は触らないようにしましょう。

コンデンサー系を静電気を帯びた手で触ると不具合が出る場合があります。

磁力があるものを近づけるのもやめておきましょう。

まあ、適当にやってても壊れたことありませんが…。

まずは裏蓋を開けます

全てで10本。

そのうち、ディスプレイの関節部分の2箇所はネジが長めになっています。

あまり力はいりません。ネジ穴を潰さないように注意してください。

バッテリーを外します

赤丸がネジ。

緑色がバッテリーの接続ケーブルです。

バッテリーのケーブルは、この写真から見ると下へ引き抜きます。

ちょっと外しにくいので注意してください。

硬い場合は何か尖ったもので慎重にこねてみてください。

僕はマイナスドライバーで軽くこねました。

ケーブルさえ外れればカポッとバッテリーが取り出せます。

バッテリーを接続

つける時もケーブルがちょっと難しいです。

なるべく接続端子が水平になるようにスライドさせるとつけやすいと思います。

後はネジを閉めて終わり

バッテリーのネジと裏蓋のネジを閉め終わったら

Macの電源を入れてみてください。

問題がなければ起動します。

初期状態で多少の電力が入っていると思いますが、

起動しない場合は電力不足かもしれません。

電源ケーブルを挿してちょっと時間を置いてみましょう。

バッテリーが復活すると新品同様な快適さ

これまで充電ケーブルを挿しながらじゃないと起動できなかったので

どこにでも持ち運んで作業できるようになりました。

ただ新品の時は8時間持っていた気がしたのですが、

載せ替えても5時間くらいが限界ですね。

バッテリー容量が7150mAhから6700mAhに減ってしまったのが原因かもしれません。

このようにMacBookシリーズは簡単にバッテリー交換が可能です。

問題はどうやってバッテリーを入手するかですね。

不安な方はAppleへ修理に出すことをお勧めします。

レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする