【ハリネズミ】口が腫れたり荒れている、ちょっと血も見えていたら

ハリネズミは基本的に頑丈ですが

いくつかなりやすい病気や怪我があります。

その中でもよくなりやすい代表的な病気は「口の腫れ」だと思います。

この口の腫れの原因は

7年ほどハリネズミ飼育の中で主に2つパターンがあります。

レクタングル(大)




口の腫れの原因

①アレルギーで腫れる

複数いるハリネズミのうち1匹がよくアレルギーで口が腫れていました。

腫れるときは口だけでなく目の近くまでちょっと腫れぼったくなります。

色々試してみて確実な原因がわかりました。

原因は「木くずの床材」です。

ハリネズミはよく床材をくわえて寝床を整えるので

舞っている粉だけでなく直接口から摂取している形になります。

花粉のアレルギーは人間でも代表的なアレルギーですが

じつは花粉だけでなく「木そのものがアレルゲン」なんですよね。

人も木の粉を大量に吸っているとアレルギーが発生します。

床材も広葉樹を使用したアレルギーの出にくいものが使用されていたりしますが

加齢とともにアレルゲンが蓄積され、いつかアレルギーになります。

こうなるともう木クズの床材は使えません。

紙やくるみなど別の床材へ変えてあげましょう。

床材を変えればだんだん症状が落ち着くはずです。

アレルギーが原因の口の腫れの場合は薬では治りません(一時的に治っても再び発症するという意味)。

もし床材を変えても症状が改善されない場合は「歯周病」かもしれません。

②歯周病で腫れる

ハリネズミも歯周病になります。

人と同じで、歯が汚れたり歯茎が傷ついて雑菌が入ると歯周病になります。

歯周病の場合はアレルギーと違って結構汚い感じになります。

病院で抗菌剤と抗生物質を貰えばきれいに治ります。

放っておくとそのうち歯が抜け落ちるのでまずは病院に行きましょう。

歯周病になりにくくするには食の改善を見直す必要があるでしょう。

基本的に柔らかいフードは歯につまって雑菌が増えます。

まずはフードを固めの物に変えて見てみてください。

あとは定期的に虫を与えるのも効果的です。

虫の硬い殻?が歯の隙間を掃除してくれます。

ただし虫が苦手な人は大変だと思います。

なにせ飼育のハリネズミってトロくて

コオロギを捕まえられない場合が多いんです…

その場合はコオロギの足をもいだりしなければならないんですよね。

うちの場合は割り箸でコオロギをつまんで与えています。

もちろん目はそむけながら…

最後に

口が腫れたらまずは病院に連れていきましょう。

ハリネズミにとって知らない場所への移動は命に関わったりしますが

口が腫れてるくらいなら体力的には問題ないので平気です。

変に様子を見て悪化し、最悪歯が抜け落ちると確実に寿命が縮んでしまいますので!

レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする