Amazon API が5に移行するにあたっての必要な作業

カテゴリー:
WEB制作
投稿:2020.3.10

Amazon APIが更新されました。これにより過去のAPIを利用しているままだとAPIが停止して商品カタログなどのシステムが動かなくなります。

更新するために必要なのは

  • アクセスキーID
  • シークレットキー

これを新しく発行して、既存のシステムで記載しているアクセスキーID、シークレットキーの文字列を修正する必要があります。

WordPressのRinkerなどを利用している場合はプラグインを更新すればシステム自体は動きますが、

アクセスキーID、シークレットキーが古いままだとAPIのやり取りができないため機能が停止したままになります。

AmazonのアクセスキーID、シークレットキーの新API用を発行する

https://affiliate.amazon.co.jp/assoc_credentials/home

まずこちらのアソシエイトページへ移動します。うまくページが移動しない場合はヘッドメニューの ツール>Product Advertising APIを選択しましょう。

 

ページをスクロールすると「認証キーの管理」という項目があります。

上記の画像は新アクセスキーIDを発行した後なので若干違いますが、古いものを使用している場合はボタンが2つ並んでいます。

左にあるボタンを押して「続行」を押すと新APIのアクセスキーIDが発行されます。

 

これだけです。

 

この新規に発行できたアクセスキーID、シークレットキーを各APIを利用しているプログラムの該当部分に書き換えるだけでAPIが稼働します。